完全栄養食のおすすめを比較しています

最近、注目を浴びている完全栄養食とはどのような食品なのでしょうか?
栄養素は、3大栄養素や5大栄養素に分けられます。

3大栄養素・・・たんぱく質・脂質・炭水化物
5大栄養素・・・たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル

栄養はバランスよく摂取する事が大事で、最近流行の糖質制限は水分が抜けるだけであって、リバウンドしやすいダイエットという事が最近わかってきています。

◎参考リンク

◎参考ユーチューブ


 

本当にしっかりとリバウンドしない身体を作るにはPFCバランスを意識して必要な栄養素を摂取して、基礎代謝に活動代謝をプラスした以上のカロリーを摂らないことが大事です。
代謝エネルギー>摂取エネルギー

MEMO
PFCバランスとは?
P・・・タンパク質
F・・・脂質
C・・・炭水化物
厚生労働省が薦めるPFCバランス
たんぱく質(P)13~20%
脂質(F)20~30%
炭水化物(c)50~65%

PFCバランスは筋トレを行っている人は、たんぱく質(P)40% 脂質(F)20% 炭水化物(c)40% が良いという話もあります。
ダイエットの場合でもたんぱく質はしっかりと摂りたいのですが、自炊で厳密に行わないと、なかなかカロリーやPFCバランスを整えるのは困難です。

そこで、最近注目を浴びているのが完全栄養食!
下記に該当する方には激しくおすすめします。

  • 仕事が忙しくて、なかなか自炊できずに食事のバランスを崩している方。
  • ダイエットで栄養バランスを乱さないで置き換えしたい方
  • 筋トレでシッカリとタンパク質を摂り他の栄養素も摂りたい方

完全栄養食 BASE FOOD

最初におすすめするのは、BASE FOODですね。
公式サイトがやはり一番割引があるのでお得です。
最初は、好みはありますがスタートセットが良いでしょう。
初回限定20%OFF!完全栄養の主食 BASE FOOD スタートセット

BASE FOODには、パンとパスタがあるのですが、私の場合は食べやすさから考えてパンを食べています。
パスタですと調理するのが多少面倒です。
(茹でるだけですが・・・)

パンのPFCバランスを見てみましょう
BASE BREAD®プレーン(1食分としてパン2個)
たんぱく質・・・27グラム=108kcal(27.24%)
脂質・・・10.8グラム=97.2kcal(24.52%)
炭水化物・・・47.8グラム=191.2kcal(48.23%)
厚生労働省が薦めるPFCバランス
たんぱく質(P)13~20%
脂質(F)20~30%
炭水化物(c)50~65%
皮膚や髪の毛、筋肉などの元になる身体を作るたんぱく質は若干多めですが、見事なPFCバランスです。
たんぱく質は、食事誘発性熱産生という消化に掛かるエネルギーが他の栄養素の3倍掛かります。
たんぱく質を多く摂ると、それだけでカロリー消費が上がります。
また、同じたんぱく質でも固形物だと約15%、プロテインだと約4%になります。

PFCバランスは素晴らしいですが、他の栄養素を見て行きましょう。
BASE BREAD®プレーンの栄養素

栄養素の一つ一つの解説は省きますが、どの栄養素が必要かは人それぞれ違いますが、バランス良く配合されていますね。
葉酸とモリブデンが多いのは女性には良いですし、ナイアシンはエネルギー代謝に関与するビタミンですね。
大事な栄養素が本当に盛りだくさんです。

問題は価格ですが、割安な商品ではありません。
しかし、同じような栄養素をバランスよく摂取しようと思えば、恐らく数倍の費用が掛かりますし、カロリーもオーバーしてしまうでしょうね。
それくらい、BASE FOODは素晴らしいです。
自分の身体に投資するなら、ベストの選択ですしラーメンと同じような値段であればBASE FOODを選択したいところですね。

初回限定20%OFF!完全栄養の主食 BASE FOOD スタートセット


完全栄養食 Huel

Huelはイギリスの商品ですね。
バランスや価格からおすすめするのは、Huel Powder v3.0です。
ただ、プロテインのように水に溶かして飲むタイプですので、シッカリと固形物として摂取したい人にはおすすめしません。
Huel Powder v3.0の販売ページはこちら

私の場合、1年ほど前に1度注文しましたが、食事として摂取したいので購入は1度きりです。
ただし、栄養成分のバランスは非常に良いです。

フレーバー無し(甘味料抜き) v3.0
100グラムx5食が1日分 下記は100グラムの栄養素
エネルギー 400kcal
タンパク質 29g
脂質 13g
飽和脂肪酸 2.4g
n-3系脂肪酸 3.7g
n-6系脂肪酸 3.4g
トランス脂肪 0g
コレステロール 0mg
炭水化物 44g
糖質 37g
糖分 0.6g
食物繊維 7.2g
ナトリウム 280mg
食塩相当量 0.71g
PFCバランスも見て行きましょう。
PFCバランス
タンパク質 29g=116kcal(28.36%)
脂質 13g=117kcal(28.60%)
炭水化物 44g=176kcal(43.03%)
厚生労働省が薦めるPFCバランス
たんぱく質(P)13~20%
脂質(F)20~30%
炭水化物(c)50~65%
バランスは悪くないですが、少し脂質が高めですね。
ただし、n-3系脂肪酸やn-6系脂肪酸が多いので心配は無いでしょう。

完全栄養食 COMP

完全栄養食COMPですが、こちらは日本製です。
おすすめは、COMP Powder TB v.5.0です。

COMP Powder TB v.5.0の公式ページはこちら

COMP Powder TB v.5.0も水で溶かして飲むタイプです。
出来れば、固形物の方が良いのですが、BASE FOOD以外はこういったタイプしかありません。
(グミタイプはありますが栄養価が違います。)

COMP Powder TB v.5.0のPFCバランスは公式ページに記載されています。
シッカリとグラムでは無くてカロリーでPFCバランスを掲載しているのは好感が持てます。
だいたい、グラムで誤魔化すようなサイトが多いんですよね。
COMP Powder TB v.5.0のPFCバランス
参照URL:https://www.comp.jp/products/powder.html

少し脂質が多いですが、許容範囲内です。
日本人の食事摂取基準(2020年版)を基準にしているようなのでシッカリと作られています。

価格ですが2 BAGS ¥6650 (1食94グラム、1BAGSで940グラム 10食分×2)ですと1食当たり約333円)ですのでかなり安いですね。

完全栄養食のまとめ

今回は、実際に購入した3種類の完全栄養食をご紹介いたしました。
栄養素の面から言うと、どの商品もおすすめです。
ただ、食べるという事から考えるとBASE FOODを推奨します。

私の場合、BASE FOODを毎日食べているわけでは無く、体脂肪を絞る時に集中して食べています。
体重の上下は多少はありますが、脂肪量はそんなに上下しないので年に数回ほどですがカロリーや栄養素の計算も楽ですので重宝しています。

これから、ダイエットや体調管理を考えている人には完全栄養食は本当におすすめですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA